火災共済 (全国電力生活協同組合連合会)

全国電力生協連の火災共済は、火災に関する保障はもちろんのこと、特に自然災害を手厚く保障する共済制度です。
損害保険会社の提供する保険商品ではなく、日本全国で電力事業に従事する生協組合員からの掛金のみで、全国電力生協連において運用されている共済制度ですので、スケールメリットを生かした割安な掛金で、大きな保障を得ることができます。

平成30年1月1日火災共済制度の一部改定概要
平成22年4月1日「保険法」施行にともなう取扱改定概要

加入対象者

生協組合員本人(対象区域は日本国内)

保険期間

1年間(以降契約内容に変更がなければ自動継続)

募集期間

いつでも契約できます。

加入方法

担当指定代理店または保険・共済センター(0120-598-544)へご連絡ください。

商品内容

  • ご契約いただいた建物、動産(家財)が被害を受けた際に、手厚い保障を受けることが可能な共済制度です。
  • 掛金は一般の火災保険よりずっと割安です。
  • 火災のほか、風水雪害、落雷、雹害、空き巣による窓ガラス破損など幅広い保障。

保障内容

  • 1口最高10万円保障
  • 建物最高300口(最高3,000万円保障)、動産最高150口(1,500万円保障)まで契約可能
  • 建物は一坪あたり8口(最高80万円保障)まで、動産は居住人数1人につき50(最高500万円保障)を基準として、契約限度口数を算定します。
    (例)30坪の建物に2人住まいの場合
    • 建物・・・30坪×8口=240口(最高2,400万円保障)
    • 動産・・・2人×50口=100口(最高1,000万円保障)
  • 寮・社宅・アパート等の方は動産だけの契約も可能です。
  • 災害の種類による最高保障限度額
    • 火災・・・最高1口10万円保障
    • 自然災害(風・水・雪・雷・雹・凍結)・・・最高1口10万円
    • 第三者行為による被害等のその他災害・・・最高1口1.2万円
    • 特例物件(門・塀・物置・車庫)・・・各30万円限度(建物契約20口以上必要)
    • アンテナ(BS、無線、ブースター等含む)・・・合わせて5万円限度(動産契約20口以上必要)
    • 仏壇・神棚、エンジン付芝刈機・除雪機等・・・合わせて30万円限度(動産契約20口以上必要)
  • 保障は対象物の使用年数に関係なく、再取得価額で保障します。
  • 被害見積り額1,000円以上から保障します。
  • ※ 平成30年1月1日以降の新規契約・契約更新が対象となります。それ以前のご契約の方は、改定前の保障となります。

火災から自然災害まで割安掛金で手厚い保障の火災共済。詳しくはパンフレットをご確認ください!

組合員専用HP内のパンフレットで確認!

掛金

  • 建物構造が非耐火・・・1口90円、耐火・・・1口50円(年間)
  • ※ 耐火構造は、外壁がコンクリート造、ALC板、RC構造などがあります。お申込みの際、耐火構造の証明として建築確認書の第四面をコピーして申込書に添付ください。
  • 掛金は年払い(一括払い)のみで、東電生協登録口座よりお引落しになります。
    • 新規・・・ご契約月の2ヵ月後にお引落し(年払い)
    • 増口・・・増口月の2ヵ月後(増口月の翌月1日から満期月までの増口分掛金をお引落し)
    • 更新・・・満期月にお引落し(年払い)
  • ※ 平成30年1月1日以降の新規契約・契約更新が対象となります。ご注意ください。

その他注意事項

  • 自然災害でも「地震・噴火・津波」によって生じた損害(これらの事由によって発生した火災の延焼、拡大して生じた損害を含む)は保障されません。
  • 現金、貴金属、美術品、自動車、営業用の建物・商品・設備、また盗難品などは対象となりません。 詳しくは「火災共済のしおり」(パンフレット)をご覧ください。
  • 質権設定もできます。その際は、全国電力生協連03-5232-0663へご連絡ください。専用書類手続きのご案内をいたします。
  • 給付申請は原状復帰にかかる費用となりますので、過剰請求、便乗請求などは対象外としています。