地震保険付き火災保険(火災共済上乗せ保険)


  • 地震保険付き火災保険は全国電力生協連の火災共済契約では保障されない地震・噴火・津波による災害を保障する、火災保険(損害保険)です。
  • 地震保険付き火災保険は全国電力生協連の火災共済とセットでご契約いただく「火災共済上乗せ保険」です。ご契約には火災共済へのご契約が必要になります。
  • スケールメリットをいかした大口団体扱い割引15%が適用(火災保険部分のみ)されています。
  • 地震保険付き火災保険の地震保険料は、年末調整(または確定申告)時の保険料控除対象です。

担当代理店が大切な財産をお守りするために最適な契約方法をお調べいたします。

是非一度、お見積りをご依頼ください。

見積り依頼書ダウンロードボタン

ご契約者

東電生協組合員(※一部の組合員さまはご加入できない場合があります)

契約対象

「建物」または「家財」の所有者が以下に該当する場合にご契約いただけます。

  1. 組合員(契約者)本人
  2. 組合員(契約者)の配偶者
  3. 組合員(契約者)またはその配偶者の同居の親族
  4. 組合員(契約者)またはその配偶者の別居の扶養親族
  5. 組合員(契約者)またはその配偶者の別居の非扶養親族(ただし1から4までの方が保険の対象を共有または使用している場合にかぎります。)

保険期間

補償開始日より1年間[毎年更新]

募集期間

いつでも契約できます。(火災共済もいつでも契約できます。)

申込方法

  • 見積り依頼書をダウンロードして必要事項をご記入いただき、担当代理店あてFAXにて送信してください。建物、家財道具の評価額(再調達価額)を担当代理店にて算出し確認します。
  • 評価額から「火災共済」による保障額、「地震保険付き火災保険」による保障額が、担当代理店によりそれぞれ見積られますので、ご希望に沿う内容になっているかご確認ください。
  • ※ 見積り内容からの変更を希望する場合は、基準内で変更ができますので、担当代理店にご相談ください。
  • ご納得いただきましたら、担当代理店より「火災共済」と「地震保険付き火災保険」の申込書をお受け取りいただき、記入、提出していただきます。

商品内容

  • 火災共済では保障されない地震・噴火またはこれによる津波を原因とする災害を補償。
  • 一般に販売されている「火災保険+地震保険」を、以下の点について改定して提供しています。
    • 火災保険部分に大口団体扱い割引を適用し、割安にご契約いただけます。
    • 一般の火災保険の補償範囲から、火災共済で保障できる範囲を不担保化することで、保険料を低く抑えています。

補償内容

地震保険部分

地震・噴火またはこれらによる津波が原因で、建物または家財道具が火災・損壊・流失・埋没した場合に補償します。
[地震・噴火・津波被害時の補償内容]

地震保険付き火災保険補償内容
火災保険部分

火災、落雷および破裂、爆発により建物、家財が損害を被った場合、損害額が火災共済による給付金額をこえた場合に補償します。
[火災・落雷・破裂・爆発被害時の補償内容]

  • (損害額-火災共済給付額)×100%≠この保険の「建物」もしくは「家財」のご契約金額
  • ※ 自然災害の場合は、火災共済で保障されます。(契約給付金額限度)

地震保険付き火災保険の詳細はパンフレットをご確認ください!

組合員専用HP内のパンフレットで確認!


保険料

  • 東電生協登録口座からの引落し
  • 分割割増なしの12回払い
  • ※ 一括払いは団体規定によりお引き受けできません。

その他注意事項

  • 保険料は2ヵ月遅れでのお引落しとなります。

(例)契約始期が4月の方・・・6月~翌年5月までの12回払いとなります。

  • 東電生協を脱退(会社を自己都合退職、本人死亡)された時は、原則として解約となりますのでご注意ください。(代理店がご案内いたします)
  • 大口団体扱い割引は契約件数と損害率に応じて算出され、毎年4月1日始期契約から火災保険部分の保険料にのみ適用になります。
  • 地震保険付き火災保険は、以下の損害保険会社3社による共同保険です。

(幹 事)損害保険ジャパン日本興亜(株)
(非幹事)三井住友海上火災保険(株)・あいおいニッセイ同和損害保険(株)

  • 毎年の更新時には、代理店より説明されるご自分の契約内容をよくご確認のうえ更新してください。
  • ※ 担当代理店がフォローしますので、不明な点があればいつでもお問合せください。
    あなたの職場を担当する東電生協指定代理店はこちら